アーチガレージ

アーチガレージ

アーチガレージ

特徴

  • 設置と撤去が簡単
  • 現在使用されている金属では最高のヘビーゲージガルバリウム鋼板で製造されています
  • 使用可能スペースは100%!どんなサイズにも対応できます
  • 梁・柱などはありません
  • 組立てが簡単!ボルトとナットで固定するだけ
  • 耐久性にすぐれ、豪雨や強風にも強い
  • 断熱性が高く、換気も良好
  • かっこいい!

こんなお客様に・・・

  • 既存のカーポートや倉庫では満足できない方
  • 新店舗建設をお考えの方
  • 雨漏りでお困りの方
  • 会社のスペースを増やしたいとお考えの方
  • 既存の建物に上層階増設をお考えの方
  • その他アメリカの好きな方

そんな方には、アーチビルディングがおすすめです! 用途に合わせて商品をご案内します! ガレージ、男の隠れ家の写真です。 こんなかっこいいガレージ、男の隠れ家がほしい方には最高の建物です。 お見積もりなど、詳しくはリーベまでお問い合わせください。 ワンダーアーチビルディングシステムは、巾1.82m~85.3m、 奥行きは無限と言う範囲で予め工場で設計され、 製造されたクリアースパンの金属製の建物です。

お見積もり、お問い合わせはこちらをクリック

GARAGE&BOAT HOUSE ~ガレージ&ボートハウス~

アーチガレージ

セルフビルドへの挑戦

アメリカでアーチビルディングガレージと言えば、「セルフビルド」が一般的です。 アメリカンシェルターは基本的にボルトを締め上げていくだけの施工で、一般建築に比べてはるかに簡単で道具も電気式ドライバーなど限られたもので組立てられます。 親切な組立マニュアルも付属しており、リーベワークスでの施工もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。 ベースさえしっかりとしていれば、まず大きな失敗がないので、ぜひとも挑戦していただきたいと思います。

HOUSE ~住宅建築~

躯体を併用して建てる

住宅のようにロフトや間仕切りの多い建物は、木材や鉄骨を予め躯体として設置しておいた方が合理的で、「木造」「鉄骨造」として申請された方がスムーズに行く場合が多いです。 また、アメリカンシェルターはダブルアーチを使用してライナー状にし、RC造とすることも可能です(→核シェルター)

  • アーチガレージ
  • アーチガレージ
1.木造または鉄骨造1
木造または鉄骨造
住宅ほどの大きさなら図のような簡単なトラスで良いと思われます。 後でロフトを設置する場合も、この方法なら合理的です。
2.木造または鉄骨造2 木造または鉄骨造 アーチを屋根として使用するパターンです。
3.鉄骨造2 鉄骨造 片側のアーチを梁上で止めて屋根としたパターンです。
側面に大きく開口を設ける場合に使用します。
4.RC造(ライナー工法) RC造(ライナー工法) アーチパネルを外と内に配置し、パネル間のスペースにコンクリートを流し込み、トンネル(ライナー)状にします。
※各地域によって方法が異なりますのでご注意ください。

FACTORY&STRAGE ~工場・倉庫・仮設建築~

アメリカンシェルターの耐久性は非常に優れており、豪雪地域の北ミネソタ・ミシガン・南北ダコタ州などでさえ、その耐久性を実証しています。 ワンタービルディングとして1973年に建設された南極観測基地は現在までに、雪に埋もれた状態であり、大西洋やメキシコ湾の強いハリケーンにもびくともしません。 アメリカンシェルターは常に高品質の設計と構造を追及しています。 その結果どんな激しい雪の中、風の中でもその強さを証明しているのです。

吊り上げられ、積み重ねられる

1960年代初期、ワンダービルディングの試みとして、US海軍の造船所のためにリフタブル(持ち上げられる)ビルディングが開発されました。 リフタブル・ワンダービルディングは持ち運びのできる構造であるだけでなく、スティービルディングが持つ耐久性と安全性を併せ持っています。そのうえ、リフタブル・ワンダービルディングは原型のまま動かしたり、分解したり、移動させたり別の場所でまた、組立が可能なのです。

最初は、この建物は主に造船所の安全カバーや天候用カバーとして使用されました。 1970年代中旬頃までには、別の産業から耐久性のある建物で、しかも建築費用がかからず、安全に組み立てられる建物の需要がありました。 別のリフタブル・ワンダービルディングの応用としては、ダムカバー・危険廃棄物処理場のカバー・放射性廃棄物の貯蓄庫などがあります。 屋根にハッチを取り付けて開閉可能にしたり、通路を取り付けたりして革新的に発展することにより、難しい建築上の問題も解決してきました。

SHOP ~商店建築~

  • アーチガレージ
  • アーチガレージ
  • アーチガレージ

煌びやかに光沢を放つ建物は、誰の目にも飛び込んできますので、宣伝効果も抜群です。

~リサイクル可能~

また、商店建築となりますと、事業用借地契約など期限付きの場合や調整地域などでは、初期投資である建物の建築費の他に、事業終了時に発生する建物の建築の解体にかなりのコストがかかってきます。

アーチビルディングは初期投資はもとより、解体時にはボルトを外せばリサイクル可能ですので、全てを解体しなくてはならない一般建築とは大きく変わってきます。

ARCH BUILDINGS in the BUILDINGS

建物の中に建物を建てる・・・アーチビルディングは柱を設置する基礎が無く、重量も少ないのでそのようなことも可能です。ボルトを外せば元通りのコンパクトなパネル状態になりますので、移設復旧も簡単です。

SPECIAL ~特別な注文~

「真のアーチ」パネルを用いた強度は、非常に難しいシェルターを経済的に実現いたします。 ワンダービルディングシステムは3つの基本的理念を持ち続けて成功をもたらしています。
  1. 1)最高レベルの品質保証と製造における品質を維持する。
  2. 2)新しい市場に向けて製品を連続的に開発する。
  3. 3)顧客のニーズに焦点を合わせる。
現在まで、そして未来に向けて、ワンダービルディングは新しい開発に挑戦し、公的私的を問わず世界最高のシェルターを製造する先駆者であり続けているのです。

大きな重荷 雪に覆われた建物

1950年代後半の間、ワンダービルディングは南極観察基地で最初の永住基地として開発を試みました。ここでは、年間を通して雪や氷に包まれています。ワンダービルディングの南極第3陣が1995、1996、1997年に出荷されました。

MILITARY&SHELTER ~軍事用建築・防護シェルター~

ワンダービルディングは土を被せた建物や防護シェルターなど、バラエティーに富んだ建物をご提供しています。 それらは、地下住居、地下タンク、パイプカバー、嵐対策シェルター、落下物対策シェルター、爆発物シェルター、航空機シェルター、その他多くの防護シェルターです。

1960年代にワンダービルディングはアメリカ空軍の武器実験研究所との協力により、補強用航空機シェルターのライナー(裏地)を設計し、最初のライナーをベトナムで使用しました。 また、空軍と共同で航空機用の土で覆われた防護シェルターを作りました。

1980年代には、ニューメキシコ大学のエンジニアリング・リサーチ・インスティテュートによるテストのために1/3、1/4のライナーのモデルを提供しました。 土で覆われた爆薬用シェルターはアーミー・コープス・エンジニアズによるテストに合格しました。

核シェルター

核シェルターは欧米で多数の販売実績を持っている商品です。 待った無しの有事に備えて、大事な家族を守る避難場所を考えてみませんか?

Photos courtesy of American Shelter Technologies,Inc.

お見積もり、お問い合わせはこちらをクリック


  • 会社案内
  • ローン・クレジット
  • お問合せ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ